【新卒薬剤師必見】成功する就活方法

新卒での就職活動はとても重要です。
最初に勤務した就職先がその後の人生を左右するといっても過言ではありません。新卒のカードが使えるのは人生で一回きりですから、就活は慎重に運びたいですよね。

そこで今回は、間違った就活でせっかくの新社会人生活を無駄にしない職場選びのコツを教えます。
これから就職活動する薬剤師の方は必見です。

最初の職場選びがとにかく重要です。

就職成功者の特徴

就職活動に成功した方の特徴は、

  • やりたい仕事がハッキリとしている
  • 第一は安定の職場が希望
  • 地域の医療に貢献したい
  • 若いうちにたくさん稼ぎたい

上記のように自分がどのように働きたいか条件が決まっていてる方にはほとんど失敗している人はいないです。どうでしょうか、あなたは当てはまりましたか?

では失敗者はどのような特徴があるのかみてみましょう。

就職失敗者の特徴

  • とりあえず内定をもらった所に就職
  • 接客はしたくなかったけど給料でドラッグストアに就職
  • 友達に誘われ友達と同じ職場
  • 先生に紹介された就職先を断れなかった

みなさん共通して自分の意思がありません。自分で決めたことや目標があるのなら頑張れるものの、流されて決断したことはどうしてもすぐ諦めがちになります。そして失敗者は

「とりあえず就職したけどこんな仕事がしたいわけではない。」

「給料で選んだけど環境が最悪すぎる。」

「友達の方が仕事で評価されて全然おもしろくない。」

と不満ばかり。でもこの結果はあなた自身が妥協をしてしまい導き出したものです。

ではこのような状況に陥った場合はどうすればいいのでしょうか。

 

就職失敗者は今後どうすればいいのか

もう今の職場が嫌だ。という方は今の状況のなにが嫌だったのかを明確にしましょう。明確にさせておかないと転職してもまた同じことの繰り返しです。

また、就職したら最低3年。と言いますがその職場で3年やっていけるか想像してみましょう。社会人はもちろん忍耐も必要ですが、無理をして精神的なストレスを抱え、身体を壊してしまっては意味がありません。

それならすぐに転職はアリ?とよく相談されますが、結論から言うとアリです。半年我慢して働いて履歴書に書くより、すぐに辞めて職歴に残さず転職したほうが印象はアップします。

まとめ

働きたい条件を決めているという事が成功する就活への第一歩。

失敗者の特徴についても述べてきましたが、みなさんは失敗者にならないように妥協をせず就職しましょう。いい就職をすることがやはり一番です。

もしも失敗してしまったり、その他の理由などで転職を希望する場合は、転職サイトなどをうまく活用して再就職を目指し頑張りましょう。

新卒向け薬剤師就活支援はこちら